江戸見聞録



e0198668_16264025.jpg



昨日の定休日は展示会出張で
"TOKIO"へ参っておりました。


まずは恵比寿でブラックサイン。

デビルフェイスの西浦氏がお出迎え。






e0198668_16282040.jpg


e0198668_16282672.jpg


e0198668_16282778.jpg

e0198668_16294420.jpg





秋冬コレクションらしく重厚な品々。







e0198668_16301435.jpg




e0198668_16311592.jpg




e0198668_16302075.jpg



e0198668_16303900.jpg



e0198668_16403135.jpg





振り切った感強めのレザーコレクション。


前作のコサックジャケットから派生したモデルなども
有り、悩ましい限りです。





e0198668_16420600.jpg




e0198668_16421709.jpg





今期大好評だったヒットマンの
秋冬用。




ハリのある素材を使うことでAラインが綺麗に出、
早くもコーディネイトの妄想が暴走しそう.........。






e0198668_16453545.jpg





会場内で物議を醸しておりましたレオパードファー。


個人的に即買い決定のアイテムですね。










e0198668_17262935.jpg



次に向かったのはV MAGAZINE主催の
アイウェア展示会 "VOS"。

会場は渋谷のトランクホテル。


アポはおろか、名刺すら持ってきていない
ボンクラバイヤーなので摘み出されるかと
正直ドキドキしておりましたが、
無事潜入できました.........。







e0198668_17262950.jpg




オロオロしてるとメガネ舎ストライクの比嘉さん発っ見〜。





e0198668_17324868.jpg





アイウェアの世界も洋服と同様サイズ感が重要なのですが、
基本的にメガネってワンサイズしか無いですよね。


顔に合ったサイズのフレームを1本単位でセミオーダー出来る
仕組みを提案するようです。


これは凄い試みですね。







e0198668_17262991.jpg



e0198668_17262916.jpg



"LEXUS NEW TAKUMI PROJECT"の一環として
発表されたレコード眼鏡。



彼らの本拠地、神戸はジャズ発祥の地として知られており、
それにちなんでピアニスト "ビル・エヴァンス"が
かつて愛用した眼鏡をイメージし旧いレコードを
フレームに接合し作られております。




メガネをかけるって言うのか
レコードをかけるっちゅーんか分かりませんが、
旧くて聴けなくなったレコードをリサイクルして
眼鏡として新たな人生を歩ませるのも素敵かも.....ですね。








e0198668_19245431.jpg






ラストは東京ミッドタウン日比谷にっ。

この時点で19時。




e0198668_19245800.jpg







大人気の施設だけあって凄い人!!!


活気があってイイですね。






e0198668_19250034.jpg






こちらの3階にあるアイウェアショップ
"CONVEX"さん。


ギュパールとヴィンテージのアイウェアを扱うハイセンスなショップ。



相当数のヴィンテージフレームをストックされているそうで
気さくな店長が和やかに接客してくれるはずですよ。




お洒落な飲食店もあり興味津々だったのですが、
なんせ一人やし、時間も無いわで
ダッシュで東京駅に。


帰りの新幹線の中で900円のカツサンドを
5秒で平らげて、おーいお茶をグビ飲みして
インスタをアップロード。



帰宅したのは22時過ぎでしたが、
実りのある出張でした。


家で呑むビールの美味いことったら、もう。



あっ、ブラックサインの新作画像は店頭で
ご覧いただけますのでお気軽に申し付け下さいましぃ。



FEEBLES インスタグラム

FEEBLES

612-8018 京都市伏見区桃山町丹後21 サンライフ桃山1F

TEL/FAX 075-602-2229

E-mail shop@feebles.jp

OPEN 12:00 CLOSE 21:00

Close on Wednesday

http://feebles.jp


by feebles | 2018-04-12 20:16 | 社会見学 | Comments(0)